就活中の思い出 その① (長めの前置き+失敗談×1)


しばらく更新があいてしまいましたが、その間もコメントいただき、ありがとうございます。

少しふれていたとおり、就活時のエピソードを少し書いてみたいと思います。



特に内容をまとめていませんでしたので、とりあえず思いついたことから書いていこうかと。

そこで、とりあえず、今回のタイトルは「就活中の思い出 その①」ということにしておきますね。



本題に入る前にですが、就職活動にあたって、女子の皆様を意外と悩ませてしまうのが、スカートorパンツスーツの選択ではないでしょうか。

当初、私のイメージはほとんどスカートだったのですが、周囲を見渡すと、意外とパンツスーツ派が多くいるのです。



私の安直な考えではありますが、パンツスーツのほうが優秀なというか、いわゆるデキる女という印象がします。


前文のとおり、私の友人は意外とパンツスーツの子が多かったのですが、たしかにそんな感じがしました。

まぁ、実際に成績優秀なうえ、可愛いというよりも美人という人だったので、それが似合っていたというだけかもしれませんが・・・。



さて、そして本題ですが、私はスカートとパンツスーツの両方を選びました。


建前はそれぞれの会社や官公庁などの場面に応じて、選択するということで。



ちなみに本音は、服装を大きく変えたほうが就活中の気分転換にもなるということ。


そして、リクルートスタイルの場合、スカートでもパンツスーツでも、オムツはNGかなぁと思ったので、どちらにしても変わらないかと思ったことです。

オムツだったら、パンツスーツが少し不利な気がするので・・・・(実際はスカートのほうがラインに響く気も・・・・)。



そういったことで、私の就活中の尿モレ対策というか、トイレ対策は、尿ケアパッドがメインでした。

愛用の300cc吸収の長時間タイプ。下着は普通のショーツ。



加えて、もうひとつの対策は、当然のことながら、こまめにトイレに行くこと。

就職活動は東京方面でのみだったので、就活前に東京に行った際、エントリーする企業が集まるエリアの入りやすいトイレも確認したくらいです。



例えば、池袋だと、この商業ビルは飲食店ばかりだから、お昼時以外はトイレが空いていて、人もほとんど入らないなどなど。

無駄なリサーチのようですが、意外と役に立ちましたし、事前に道を覚えることもできたので、一石二鳥でした。



そして、実際に会社を回る際は、気にせず、面接前や面接後にトイレに必ず行きました。


大きい会社だと、気兼ねせず、行けましたし、ベンチャー企業のような会社でも、人事の方は女性であることが多く、伝えたら、すぐに案内してくれましたね。


そうした工夫で、おもらしは避けるようにして、尿漏れやちょびもれがあっても、こまめにパッドを交換することができていました。



不安だったのが、少し長めの筆記試験や合同説明会、喫茶店などでのリクルーター面談でしたが、お手洗いに行きたい場合は、遠慮なく申し出てくださいという対応ばかりで、意外と問題なしでしたね。


合同説明会は休憩もかねて、ブースに人が集まっている時間帯に、トイレに行くと、意外と空いていました。



結局、民間企業ではなく、官公庁に就職することにしましたが、公務員試験も試験中、トイレに行こうと思えば、申し出ることができますし、面接も15分~20分程度、討論などがある場合も30分程度なので、大丈夫かと思います。


と言いながら、公務員試験では私が受験したところは、いわゆる専門試験もあったので、筆記が数時間ありました。


もちろん、トイレに行くことはできるのですが、服装が自由だったので、私は少し長めのふんわりしたスカートで、長時間用のパンツタイプのオムツを使用しました(おもらしはちょっぴりだけでしたけれど)。


ただし、服装自由でも派手すぎるのはNGですよ。



ともあれ、そんな感じですので、これから就職活動をされるという方もあまりご心配なさらずに。


蛇足で、このブログの話題から離れた話ですが、圧迫面接などを心配されている方がいらっしゃるかもしれませんが、最近はほとんどないのではないかと思います。



露骨なことをしたら、炎上してしまう時代ですし、就活生も消費者の立場にもなるということは、企業側もわかっているはずです。

実際、私は穏やかな雰囲気ばかりでした。


鋭い質問に窮することはありましたし、最近、よく言われている、いわゆるオワハラはちょっと感じましたけれど(笑)





この後は、真の本題とも言うべき、就活中の失敗談に移ります。


上記のとおり、なんとか乗り切ったわけですが、個別の失敗はいろいろありまして(笑)



そのなかのまず1つだけですが。


事前にトイレの場所を確認していたという話は、上に書きましたが、そうは言っても、予想どおりではないこともあります。


数件の説明会や会社を回っていたある日、某企業での面接の時間が少し長くなって、会社を出るのが遅くなってしまいました。


その後は帰るだけだったのですが、帰りの新幹線の予約時間があったので、急いで最寄り駅から新幹線の発着駅へ向かうことになりました。


そのため、尿ケアパッドがだいぶ汚れていたのですが、交換できず、そのまま電車へ。


新幹線の発着駅までは徒歩も合わせて、30分~40分くらいだったのですが、歩いている途中の夕方の風が冷たかったのが原因か、少し強めの尿意が。


なんとか我慢して(ちょびもれはしていましたが・・・・)、発着駅へ到着。


しかし、駅のトイレは混んでいますし、空いているトイレを見つける時間の余裕もない。


そのまま新幹線ホームへ向かいました。


んななかで、ちょびもれとは言い難いくらいのおもらし。


溢れたという感覚があり、ショーツが濡れた感覚がしました。


幸い、ホームにはちょうど新幹線が入ってくるところで、とりあえず乗り込み、そのままトイレへ。


この日はパンツスーツだったのですが、ショーツ、パンストを超えて、お尻から膝の部分が少し湿っていました。


もちろん、尿ケアパッドはおしっこをたっぷり吸って、グショグショでした。


替えのショーツ、パンストは念のため、持っていたので、パッドとショーツ、パンストを交換し、使用済のパッドはごみ箱へ。


パンツスーツはそのまま穿いて帰りました。


少しの湿り気は我慢しながらも、おしっこの匂いが気にならないか、心配しながらも、無事帰宅。



こんな感じの失敗でした。


いかにも、おもらしという失敗は、これくらいですね(正直に言えば、もう1つ、2つあるかも(-_-;)


余談ですが、この日に面接した企業さんからは、最終的に内定をいただきました。


お断りしてしまったわけですが・・・・・。



前回の記事へのコメントに対するお返事は、すぐに更新しますので、次回の記事にまわさせていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
大きなサイズの幼児用紙オムツ
小学生のたっぷりのおしっこもしっかりもらさず吸収。長時間交換できないときも安心!高学年でも快適のゆったりサイズ。小学生のおもらしやおねしょ対策に! オヤスミマン 男の子Bigサイズ以上 22枚 オヤスミマン 女の子Bigサイズ以上22枚 おねしょ用紙オムツの定番! 一晩中のおねしょをもらさず吸収。 メリーズパンツ(pants) さらさらエアスルー ビッグより大きいサイズ(size) (15~28kg)64枚 (32枚×2) 昼間の使用はもちろん、夜のおねしょにも。 小学生まで使用可能なサイズ。 GoodNites Bedtime Underwear - Size 8-14 Boys, 44 ct. おねしょパンツ L-XLサイズ 対応 27キロ~57キロ 44枚 男の子用 《並行輸入》 GoodNites Bedtime Underwear - Size 8-14 Girls, 44 ct. おねしょパンツ L-XLサイズ 対応 27キロ~57キロ 44枚 女の子用 《並行輸入》 体重27キロ~57キロ対応の米国の夜用紙オムツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
アクセスカウンター
少しトイレが心配な方向け
大人用紙オムツ
ショーツのように使える! オムツがはじめての方にも。 長時間安心のパンツタイプ! パンツタイプと併用。 夜のおやすみでも安心。 テープタイプの紙オムツ。 テープタイプと併用! おしっこ10回分吸収の夜用尿取りパッド
Ads by 忍者AdMax